株式会社プリベンテックは、遺伝子組み換え植物による有用物質の生産・開発を行っています。

会社案内COMPANY


ご挨拶



遺伝子組換え技術によるインスリンなどの有用物質生産が可能となってから約30年が経ちました。その後タンパク質生産系は大腸菌から酵母や動物細胞へと発展してきました。現在は家畜や植物を用いたタンパク質生産系に大きな期待が寄せられており、バイオ産業新時代の到来を予感させます。

また遺伝子組換え技術の進歩のおかげでマウスのモノクローナル抗体がヒトキメラ抗体あるいはヒト化抗体に変換できるようになり、抗がん治療抗体や関節リウマチ治療抗体が実用化されました。医薬品開発の中で抗体医薬ビジネスが爆発的に進み始めました。

当社はバイオベンチャーカンパニーとしてイネ種子によるタンパク質高発現系を用い有用物質の生産開発を行います。特にサイトカイン、ワクチン等の大量生産に道を開き、バイオ産業の振興に貢献したいと考えております。

代表取締役社長 藤原 義博

  CEO


会社概要


名称 株式会社 プリベンテック (PrevenTec Inc.)
設立 平成18年(2006年)3月31日
資本金 7,487万円
住所 〒300-0332 茨城県稲敷郡阿見町中央4-3-8 TEL: 029-846-1051
代表取締役社長 藤原 義博



沿革

2006年3月
株式会社プリベンテックを設立(代表取締役 関川賢二)
2006年4月
イネ種子抗体発現系の開発で農業生物資源研究所と共同研究開始
2006年9月
農業生物資源研究所内ラボの運用を開始
2008年4月

農林水産省「新農業展開ゲノムプロジェクト」
(課題名:イネ種子でのサイトカイン類の発現とその利用)に採択されました。

2008年6月
経済産業省「平成20年度地域イノベーション創出研究開発事業」
(課題名:組換え植物によるタンパク質試薬生産の研究開発)に採択されました。
2013年9月
日本植物細胞分子生物学会より技術賞を頂きました。「組換えイネによるサイトカイン生産の開発と実用化」(高岩文雄、楊麗軍、関川賢二、藤原義博)
2019年7月1日
研究拠点を農研機構大わしキャンパスより茨城大学農学部に移転し、茨城大学との共同研究を開始しました。
2020年2月21日
代表取締役に藤原義博が就任しました。

代表略歴


代表取締役社長藤原義博は1965年岡山県生まれ、神戸大学農学部卒、名古屋大学大学院農学研究科修了。博士(農学)、第一種放射線取扱主任者。大学院時代の専門は資源昆虫学。1994年博士を取得後、株式会社ワイエステクノロジー研究所で遺伝子組換え技術を用いて組換え動物の乳腺から有用タンパク質を生産する研究に従事。神戸大学自然科学研究科助手、米オハイオ州立大学博士研究員を経て、2008年より株式会社プリベンテックで組換えイネを用いた有用物質生産の研究を始める。2020年より代表取締役。          

 




先頭へ

バナースペース

株式会社プリベンテック

〒300-0332
茨城県稲敷郡阿見町中央4-3-8

TEL: 029-846-1051